日通で引越をお願いする際に、どれぐらいまで保管・預かりをしてくれのか調べてみた

 

日通で引越をお願いする際に、どれぐらいまで保管・預かりをしてくれのか調べてみた

 

引越しでは、旧居から新居へと荷物を運ぶというのが、おおよその作業ではありますが、場合によっては荷物をどこかに一時保管して置かなければいけない状況もあります。

そんな時に、引越しを依頼した業者が一時保管のサービスを提供していることがあります。

大手の引越し会社である日通でももちろん荷物の一時保管をしてくれます。

保管の期間はおよそ1週間という短期から、数ヶ月という長期間の対応が可能です。

保管場所は日通のトランクルームがあるので、そこに保管してもらうことも出来ますが、期間が短ければ鉄道コンテナなどを利用することで、保管料の節約も可能です。

一般的なトランクルームでは、ただ荷物を預かるスペースを提供するだけなので、空調や強固なセキュリティはないこともあります。

しかし、日通のトランクルームでは温度・湿度の管理はもちろん、セキュリティも万全で預けた物が傷んだり盗まれたりする心配はないのです。

ただし、絶対に日通のトランクルームが使えるのかというと、引越しシーズンかどうか、どこで引っ越しをするのかという時間的・地理的要因によって使えないこともあります。

もし荷物の一時保管を考えているならば、その点をよく確認することが必要です。

それから、管理が厳重になっている分、気軽に荷物を出し入れすることができません。

荷物の出し入れにも、事前連絡の上、手数料がかかるのです。

ですから、預けたら必要になる時まで預けっぱなしでかまわない品を厳選する必要があります。

"