引越しをクロネコヤマトや日通でお願いする際に、比較してみた結果、こんな部分が違っていた

 

 

引越しをクロネコヤマトや日通でお願いする際に、比較してみた結果、こんな部分が違っていた

 

日通で引越しをお願いする際ですが、日通の単身パックは荷物の量が少なく移動距離が長い引越しに向いているといえます。

単身パックSの料金は最低で17,850円からです。

専用ボックスS(サイズ1.23立方メートル、横108センチ×奥行74センチ×高さ154センチ)一つでこの値段です。

1ボックスにつき、100面円の運送保険がついています。

単身パックLの場合は最低で18,900円からです。

専用ボックスL(サイズ1.88立方メートル、横104センチ×奥行104センチ×高さ174センチ)一つでこの値段です。

こちらは1ボックスにつき、150万円の運送保険がついています。

単身パックXは最低で54,800円からです。

2トンコンテナ(7.47立方メートル、横228センチ×奥行165センチ×高さ199センチ)一つでこの値段です。

1ボックスにつき300万円の運送保険がついています。

一方、クロネコヤマトの単身引越しサービスは、同一市内への引越し(関東)の場合、17,850円からです。

同一市内で関東以外のエリアへの引越しの場合は、14,700円です。

どこからどこへ引越しをするかにもよりますが、一見するとクロネコヤマトの方が安くなる場合があると思えます。

しかし日通は引越しと輸送の両方を行ってきている会社のため、実績や信頼は日通の方があると言えます。

安いところを選んで、実際なにかトラブルに巻き込まれたということでは元も子もないので、自分で納得できる会社を選択しましょう。